2021年 西伊豆雲見 水深120m

2021年は日々のトレーニングダイブはもちろん、戦艦陸奥、稲積水中鍾乳洞、
久米島ヒデンチガマなどの活動を行ってきましたが、西伊豆雲見で人類初の(雲見で120mに潜った方は居ないと思います)
120mの世界を見てきました。

水深120m世界にの何があるのか!実際に見てみたい!

何もありません。一面に広がる砂地。ライトがなければ真っ暗な水底。

しかし生物は生息していました。たまたま何もない場所だったのか、
この水域は全体的にそうなのかは、滞在時間が短い事もあり、分かりません。

しかしその世界を見て来れたことに、満足感と充実感がありました。

このミッションは多くのサポートもあり実現しました。

事前の準備から始まり、水中はもちろん、船上で待機しているメンバーの皆さん。

水深122mの世界には数分しか滞在していませんが、今までに経験したことのない
満足感と達成感のあったダイビングでした。

 

前の記事

戦艦陸奥