愚か者からテクニカルダイバーへ 3

数十年前のテクニカルダイビング出会う前のお話です。

このシリーズの話は実際の出来事を元に
書いていきますグッド!

2004年秋新たな挑戦が始まった

登場する人物名は仮名を使う事もあります。

インストラクターとしてではなく一人のダイバーの物語です。

世界に挑戦する為2本のシリンダーを背にしたビックリマーク

1本のタンクで数千本潜り写真を撮り、

生物を探しウミウシを求め・・・ダイバーとして刺激がなくなって

いた時期ではあったダウンこの年から遡る事5年前

あの時から自分自身のダイビングを封印した。

前回のお話はこちら

一般的なダイビングの装備!?技術!?

一本のタンクで予備器材もなく各分野のテクニカルトレーニングを

しないで、水深40mを超えたり、閉鎖環境に入っていくダイバーは

愚か者です(-_-メ)

 

55mの世界はあまり覚えていません叫び

暗い事とでかいヒラメ!?

麻酔作用がひどかったのでしょうショック!

 

浮上を開始する時にはBCにエアを

いっぱいに入れフィンキックをして水底を去りましたあせる

30mより浅くなってくると

明るくなって賑やかないつもの海にビックリマーク

 

この時は55mに行った事が満足でした。

しかしその深度で何らかのトラブルが

起きていたら・・・

その時には運が良かったとは考えず、行けたことへの満足感だけでした。

今考えると、つくづく無謀なダイビングをしていたなと思います。

計画や予備の考え方、スキル、装備、ガス管理。

何もトラブルがないことで大丈夫だと思っていた、この頃を考えると

今でもヒヤヒヤします(-_-;)