チームの目的

  • プロ、アマ、ショップや地域、国などの垣根を越えてダイビングの楽しさ、素晴らしさ、
    リスクなどを再認識する
  • テクニカルの考え方をリクリエーションダイビングにも反映し、安全性の向上を図る。
  • リクリエーションダイブでは不可能だった深度や時間を広げ、生態観察や撮影などを行う。
  • テクニカルダイビングの正しい認識を広める。
  • 新たな水中世界を紹介し、ダイビングの世界の広さ、楽しさを広める。
  • 伊豆半島を始め各地の未記載種の生物などの探索
  • 未開の洞窟などの調査